プレイ中のゲーム:とくになし

【レビュー】『オクトパストラベラー2』新システムもそれを活かしたストーリーもよかったが、怖さもやばかった

バトル画面

どうも、ふう(@huu_twi)です!

オクトパストラベラーⅡ」をプレイしたのでレビューしますー。

関連作品の「トライアングルストラテジー」が面白かったし、ドット絵のRRG好きなので買いました。

後に買った前作を先にプレイしたんですけど、それと比べると今作は全体的にストーリーが暗く重くなってますね。

オクトラ2ってどんなゲーム?
オクトラ2はこんなゲーム
  • 8人の主人公と8つのストーリー、NPCへのアクションが特徴的な自由度の高いドット絵RPG!
  • ブレイク&ブーストを駆使するコマンドバトルが、底力などの追加で進化!
  • 昼・夜の時間による変化、カヌーや船で水上・海上を移動できるなど新要素あり

製品版に引き継げる体験版あり

ジャンルRPG
発売日2023年2月24日
プラットフォームSwitch、PS4、PS5、Steam
公式サイトhttps://www.jp.square-enix.com/octopathtraveler2/

プレイ時間:約157時間

  • ストーリークリア、サブストーリー全クリア

新システムとそれに合ったストーリーがいい!
グラフィックや演出も良くなった

苦手なイベントが多い!とくに怖いやつ!!

前作がありますが、今作からプレイしても問題なく遊べます!
物語の舞台が違うし、ストーリーも繋がってないので。

目次

好きなところ・面白かったところ

ふうが「好きだな、面白いな」と思ったのはこんなところです。

このシステムだからこそのストーリー!

昼・夜の時間があるからこそのストーリーがよかったです!

このシステムはこのためにあったんだ!って思うくらい。

町の人々にアクションを起こす「フィールドコマンド」がたびたび挟まるのは前作と同じ。

前作のあれとあれに比べるとインパクトが弱かったものの、総合的には今作の方が使い方がよかったと思う。

さらに、固有アクションやEXアビリティなど他のシステムまで活用していて、やっぱりストーリーとシステムがうまく合わさってるといいなー!

ロード画面は必見!


また、前作だとサブストーリー扱いだった「8人のストーリーがつながるお話」が、今作ではメインストーリーになってました!

プレイしていて自然に進めるので、この変更は良かったと思います。

前作のも隠された真実って感じで味があったけどね

その影響か、お話の内容も、大なり小なり8人のストーリーとより直接関わったものになっていたと思います。

叫びたくなった。というか叫んだ!!

ラスボス戦の仕掛けもとても良かったです。


それから、グラフィックや演出もかなり進化していて、カメラが動くようになったので迫力があります。

そして、ちゃんと踊るシーンがあることに感動。

前作では、くるりんってするだけだったから……。

他にも、推理シーンとか、バトルの背景で他の人も戦ってるのとか、凝ってて好きですね!

踊子アグネアが踊っているシーン
バトル中、後ろでも戦っている

底力やEXアビリティで戦略性がアップしたバトル!

バトル画面

「底力」「EXアビリティ」といった新要素の追加で、さらにバトルが面白くなってました!

弱点でなくてもシールドを削れる手段が登場したり、行動順を操作するアビリティが増えたり、戦略性もアップしています!

基本バトルシステムについて

前作と同じく、全員が1ターンに1回ずつ行動するタイプのコマンドバトル。

弱点突いてシールド削ってブレイク、BP消費してブーストで大ダメージ!もそのまま。

前作で強かったアビリティは、弱体化もしくは効果が変わったりしていますが、戦い方が変化してよかったと思う。

強化効果で攻撃回数を増やすようになった魔法とか、弱体化なんだけどなんかかっこよくて好き。


「底力」は、キャラごとに違う効果を得られる切り札的存在です。

アビリティの対象が全体になったり、2回行動できるようになったり……いろいろな効果があります。

ゲージがたまらないと使えないため、どのタイミングで使うかとか、考えがいがありました!

ゲージを回復するアイテムにもお世話になった

ソローネが底力を使って2回行動できるようになっている

「EXアビリティ」はそのキャラのみ使えるアビリティです。

バトルジョブを装備すればそのジョブのアビリティを使えるのは今作も同じですが、このEXアビリティは使えないんです。

変わった効果のものが多いので、できることが増えて楽しかった!

アグネアのEXアビリティ「風呼びの歌」は敵全体に風属性攻撃+次のターンの味方の行動順を前に

あと、バトルもストーリーと同じく、演出がかなり良くなってます!

BPを3消費した時のブーストとか、カメラが後ろに回り込んで、バッ!って音がしてカッコイイ!

最大ブーストでカメラが後ろに回り込んでいる

アビリティが専用のモーションになったのも嬉しかった。

技!って感じがする。

バトルスピードを2倍にできるのも地味に便利

バトル中のセリフのパターンも増えています。

ブレイクした時や弱点を見つけた時、それからブレイクしたキャラや回復してくれたキャラに声をかける、なんていうものも!

仲間感があっていいよなあ~。

新要素でさらに面白くなったフィールドコマンドとサブストーリー

ニッキは雇うと購入額を5%値切ってくれる

固有アクションの効果で「フィールドコマンド」の使い道が増えました!

フィールドコマンドとは

町の人々からアイテムを入手したり、情報を入手したり、連れて歩けたり、気絶させることができる。

キャラごとに違っていて、失敗するとデメリットがあるものも。

たしかに前作では、誘導系とバトル系のフィールドコマンドほとんど使ってなかったからなあ……。

以下の効果が追加されたんですが、使う機会が増えてよかったと思います。

コマンド固有アクションの効果
雇う雇った人が売買などで様々なメリットを発揮
誘惑誘惑した人が舞のアビリティ使用時に追加効果を発動
試合戦った相手の技を覚えてバトルで使うことができる

試合は結局あまり使わなかった…
でも技はかなり活躍してくれた

ちなみに今作では、昼と夜で使えるフィールドコマンドが変わるので、8種類から2倍の16種類に増えました。

ややこしくなっていそうですが、できることはアイテム、情報、誘導、気絶(前作ではバトル)の4つのままだったりします。

昼に使うか、夜に使うかってだけなので。複雑にならなくてよかったー。

バトルなしで気絶させられるようになったのが便利!


そして、サブストーリー。

昼と夜の時間が追加されて、さらに面白くなりました!

サブストーリー「ねぼすけ漁師」を開始しました
サブストーリーとは

フィールドコマンドを使って、町の人々の悩みを解決するストーリー。

よくあるクエストのようなもの。

難しくはなったけど、考えがいがあるし、わかった時にすごく興奮しました。

うまく使ってるなー!!って思いましたもん。

ZRボタンだけで昼と夜を変えられるのが楽でいい

昼と夜で曲が変わるなど音楽が凝っている

前作の音楽がとても好きだったんですが、今作の音楽もいいです。

町やフィールドは、時間帯が昼か夜かで曲が変わる力の入れっぷり。

そして、時間帯を切り替えた時にシームレスに変わるのがとてもいい!

なぜかタイトル画面にもある!

前作でとくによかったと感じた「ボスバトル曲に流れるように繋がるボス前曲」は今作も健在!

今作はみんなテーマアレンジになっていて、一貫していていいですね。

それぞれのメインストーリーのラスボス戦の曲も、そうきたかー、と。

前作で気になっていたところが改善された

見逃したパーティーチャットに!マークがついていて、見ることができる

前作で気になっていたところが、かなり改善されてました!


パーティーチャットの発生条件が厳しすぎる

見ていなくても、その章をクリアするとメニューから見られるようになった!

すべてのパーティーチャットを見返せるようになった。

発生条件は変わらず厳しいまま。


パーティー編成の自由が阻害される

紫の宝箱がなくなって、解錠キャラをパーティーに入れる必要がなくなった!

最初に選んだキャラは、そのキャラのストーリーが終わるまで外せないまま。


突然フルボイスになるので飛ばしてしまう

すべてフルボイスになったうえ、自動送りも追加された!


その他にも、今作で改善されていて、そういえば不便だったかも!と気付いたものもいくつかありました。

前作のダメだったところをちゃんと変えてくれるの、いいですよね。

なぜか装備変更の仕様はそのままだったけど!

気になったところ・合わなかったところ

ふうが「気になるな、合わないな」と思ったのはこんなところです。

苦手なところが多い、とくに怖い系!

普通の夜より暗い砂道

ビビりなふうは、怖いところが多くてつらかったです……!!

次は何がくるのか不安になることもあったし、クリアした今でも思い出すと怖くなります……。

ふうが怖かったところ

  • 記憶を思い出す演出
  • フィールドの異変
  • 選択肢が…
  • やばい持ち物
  • やばい子供
  • やばい町
  • ホラーサブストーリー
  • 森がやばい

ストーリーのものは良い演出でもあるんだけどね…


他にも、怖い系ほどではないけど苦手なところがありました。

盗賊ソローネのストーリー序盤の一部描写も苦手……というか不快でした。

……えーと、成人向けって言えばいいのかな。

前作でもちょっとあったけど、それよりずっとすごかったから……。

最初に選んだキャラを後悔させられた

アグネアで物語を始めますか?

最初に選んだのがあのキャラだったら……!と思わせるような構成は、まずいんじゃないかと思いました。

今作では、最初に選んだキャラが発言することがあるんですが、それが悪さしてるって感じです。

気になったシーンは、最初に選んだキャラしか発言しません。

でも、ここでは、明らかに発言すべきキャラがいるんです。

なのに、そのキャラを最初に選んでいないと、一言もしゃべらず話が進んでしまう!!

残念な気持ちになりました。もったいない……。

最初に選んだキャラが発言すること自体は、主人公感や特別感があってよかったと思う。

だからここは、最初に選んだキャラも発言すべきキャラもしゃべらせてほしかった……。

主人公誰でもいいよ!ってゲームで後悔させられるのはちょっとね

町の外にいる人に会うのが面倒

町の外に夜のみ出現する人

町の外にも人がいるのは前作と同じですが、以下が原因で面倒になってます。

  • 昼または夜しかいない人がいる
  • 昼と夜で使えるフィールドコマンドが違う
  • バトルジョブ関連で何度か会う必要がある

まず、昼または夜しかいない人ってけっこう見逃しやすいんですよね。

敵とエンカウントするところを昼と夜の2回も探索したくないですし、だからといって時間をコロコロ切り替えながら進むのも面倒。

ここ人いそうって思ったら時間を切り替えるって感じでやってたら、案の定、見逃してる人が何人かいましたね……。

たぶんまだいる

そして人を見つけたとしても、昼か夜かで使えるフィールドコマンドが変わってきます。

基本的には情報とアイテムを入手したいと考えると……

  • に情報を入手できるキャラ
  • にアイテムを入手できるキャラ
  • に情報を入手できるキャラ
  • にアイテムを入手できるキャラ

……上記全員必要になるんですよね。

で、いないともう1回くることになるという。面倒。


バトルジョブ関連は、町の外にいる人に何度も会う必要があるところが面倒。

特定のアイテムを渡すとジョブやアビリティを得られるので、入手するたびに行くことになる……。

ファストトラベルで瞬間移動できたらよかったのになと思いました。

とくに神官が遠くてイヤ!

大神官の護符を持ってくるとライセンスがもらえる

前作に関連するサブストーリー

前作に関連するサブストーリーがあるんですが、この内容ならいらなかったなと思いました。

前作で語られたことと違う気がするんですよね。

今作での説明が少なくて、ふうが理解できてないだけなのか……?

アレのために強引にいれたようにも感じるし、あの前作でこれか……ってちょっと悲しくなった。

よかったところもあったんだけど

まとめ

こんな人におすすめ!
  • RPGが好き!
  • コマンドバトルが好き!
  • ドット絵が好き!
  • 自由度の高いゲームが好き!
  • 怖いのが平気

怖すぎてビクビクしながらやってたけど!

最後までやれてよかったなーと思えたゲームでした!

また最初からプレイして、ここ、こういうことだったんだ!っていうのを探してみたいけど、怖くてやれそうな気がしない……。

フィールド出たくないよ~

© 2023 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

シェアしていただけると嬉しいです!
目次