【DFFOO】メダル「魅惑の女王」ルフェニア+の攻略

こんにちは、ふうです!

この記事では、DFFオペラオムニアのみんなでメダルチャレンジ「魅惑の女王」のルフェニア+の情報をまとめています。

敵は、ヘレティック・ラミアクィーン1体とヘレティック・イミテーション2体です。(ウォーリアオブライトとパンネロのイミテーション)

目次

耐性

属性なし
攻撃タイプ弱点…魔法
弱体効果なし

耐性は全ての敵が共通ですが、ヘレティック・ラミアクィーンのみ吹きとばし中に受けるBRV・HPダメージを100%軽減するので注意!

特殊カウント

出現条件バトル開始時
消滅条件HP50%未満になった時
増加条件プレイヤーが1行動中に1キャラで合計85万以上HPダメージを与えた時8増加(上限15)
減少条件プレイヤーが行動時1減少
カウント対象が行動時2減少

特殊カウントをもっているのはラミアクィーンです。

1行動、しかも1キャラで85万以上HPダメージを与えるのはかなり厳しいですが、フィニッシュバーストならいけるかと。

BT武器を最大まで限界突破していればバーストアビリティが使えるため、手段が1回分増えてやりやすいです。

HP50%未満まで減らせば特殊カウントは消滅するので、そこまでが勝負。

フレンドのバーストも活用して突破しましょう!

要注意ポイント

エンドオール&雲散霧消

どちらもイミテーションの行動です。

威力が高く、戦闘不能になってしまう可能性が高いので、行動を封じたり下げたりして攻撃させないようにしましょう。

ウォーリアオブライトやナインのコールなどでやり過ごすのも手ですが、パンネロの「雲散霧消」は弱体効果を回復してくるので、消されてもいい弱体効果しか付与しない場合の方法になります。

イミテーションを倒してもラミアクィーンが「アレイズ」で復活させてくるので、常にいると考えていいです。

イミテーションが全滅したら即「アレイズ」で、片方のイミテーションが倒されている時は行動が「アレイズ」になります。

ラミアクィーンの「アレイズ」の対象になっていたイミテーションがイミテーション全滅時に発動する「アレイズ」で先に復活した場合、ターゲットが変わらずに復活したイミテーションをラミアクィーンが攻撃してしまうというおかしな行動が見れます。

ラミアクィーンの行動負荷がなくなった!

こちらが10回以上連続で行動するとラミアクィーンの行動負荷がなくなって割り込んできます。

その際、弱体効果を全て解除されてしまうので、ラミアクィーンの行動を封じることはできません。

幸い、ラミアクィーンの行動で気を付けるべきなのは1ACTION「チャーム」がかかる「魅惑の美貌」くらいなので、ある程度行動を回してあげるといいです。

ただ、イミテーションを行動させないように遅延する場合に、ラミアクィーンの行動順も下がりやすいのが難点。

弱体効果に頼らずに戦うのであれば、割り込みを気にせずにどんどん下げちゃって大丈夫です!

その他データ

ラミアクィーンの行動表です。

バトル開始時・ステータスと各BRV軽減効果アップ
80%未満・ステータスと各BRV軽減効果アップ
50%未満・各BRV軽減効果アップ
・特殊カウント消滅
・イミテーションの強化

ふうのクリア方法

ここからは、ふうがクリアしたやり方を紹介します!

編成

編成
© KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
キャラクターコール備考
バッツウォーリアオブライト☆7防具真化無凸
アグリアスナイン☆7防具真化無凸
エースギルバート☆7防具真化無凸
※備考は完全体ではない場合に表記しています

BT武器を最大まで限界突破したバッツとエースを編成してみました。バーストアビリティで特殊カウントを対処します。

アグリアスはイミテーションの行動を妨害するのがメイン。

コールの3人も対イミテーション用ですが、パンネロが行動するとエースのトラップが消されるので、シールド2人はどうしようもなくなった時に使います。

召喚獣はシヴァ。行動回数が稼げるかなーと。

フレンドは暗闇の雲。遅延に追撃に活躍します。

バトル

バッツは「両手持ち」と「ミサイル」をマスター、アグリアスは「空花乱墜」を付与、エースは「伏せられたカード」を付与します。

敵の行動でトラップが発動するので、エース自身がオープンする必要はないです。節約。

アグリアスは積極的にAアビ→「不動無明剣」で「マヒ」させたり、LD→「ブレイブ攻撃(空花乱墜)」で混乱させたりしてとにかく行動を妨害します。

パンネロだけなら「サイレス」も有効。

アグリアスが間に合わない場合はギルバートのLDコール、もしくはウォーリアオブライトやナインのシールドで守ります。

エースは「メガスパイラルコンボ」メインでEXは使用しません。

イミテーションのHPがかなり少なくなったら、もったいないので「伏せられたカード」を付与しないでおく。

特殊カウントが減ってきたら、バッツがバーストアビリティを使用します。バースト効果のことを考えるとバーストアビリティが後の方がいいんですが、バーストモードを残したかったので……。

そして次に特殊カウントが減ったら、エースがフレンドの暗闇の雲と交代し、バーストを使います。

暗闇の雲はLDオンリーで。時々特殊カウントが増えていてすごいです……。

エースが戻ってきた後、また特殊カウントがギリギリになったら、次はエースがバーストアビリティを使用。

HP50%未満付近
© KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ここでラミアクィーンのHPが50%未満になり、イミテーションの強化と同時にBRV加算がきますが、アグリアスが行動を妨害したりバッツがBRVを0にしたりして安全を確保。ちょっと危なかった。

そんでもって、アグリアスが「チャーム」かけられそうになって焦る。MISSしてなかったらイミテーションにやられてましたよ……。

バッツのバースト効果が切れそうになったら、バッツがバーストを発動。

終了後、バースト効果の段階を、Aアビ使ってあげておきました。

ラミアクィーンのHPが10%くらいになったら召喚を使用して、全力で攻撃!

パンネロのイミテーションが残ったので、行動させないように気を付けながら撃破しておしまい。

46ACTIONでしたー!

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • 特殊カウント増加は1人で85万以上のHPダメージを与えること
  • イミテーションの攻撃が強いので行動させないように
  • 10回以上連続で行動するとラミアクィーンが弱体効果を解除&行動負荷がなくなる

イミテーションの攻撃がやたら強いの、ガーランドBTが実装された時のことを思い出しました。

あの時もウォーリアオブライトの「エンドオール」だったなあ……。

そうか、あの頃はもうブログ書いてたんだ、時間がたつのはやい。

今回の記事は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる