【DFFOO】第3部7章前編「神域」ルフェニア+の攻略

こんにちは、ふうです!

この記事では、DFFオペラオムニアの第3部7章~前編~「神域」のルフェニア+の情報をまとめています。

敵は、ケフカ1体と召喚されるイミテーション:ケフカです。

目次

耐性

属性なし
攻撃タイプなし
弱体効果かからない…最大HPダウン
その他【共通】
吹きとばしとブレイクによる遅延無効
【イミテーション】
受けるBRVダメージ70%軽減

ケフカもイミテーション:ケフカも吹きとばし無効です。あとブレイクによる遅延も無効ですが、効果による遅延は効きます。

特殊カウント

出現条件バトル開始時
消滅条件なし
増加条件プレイヤーに付与されている特殊効果含む強化効果段階が5以上の時5増加(上限15)
減少条件プレイヤーが行動時2減少
カウント対象が行動時1減少

カウントは10からスタート。

増加条件は、特殊効果含む強化効果5段階以上の状態を維持するだけです。

条件を満たせるのは、キアランやザックス、ティナ、ノクティス、アリゼー、エース、パイン、アグリアス、ガーランドなどなどいます。

段階が増減しますが、パパリモも間に合う。

リュドなど5段階にするのに時間がかかるキャラクターは厳しいです。

要注意ポイント

裁きの光

バトル開始時とケフカのHPが最大HPの10%未満になった時に使用する行動です。(召喚中・バーストモード中は使わない)

全員のHPを最大HPの1%にするHP攻撃で、さらに弱体効果「最大HPダウン(10%)」を付与してきます。

HPダメージを軽減したり、HPを回復して立て直したりしないと危ないです。

幸い、今回のHPダメージミッションが65000以下と最大HPを上げない限り達成できるような値に設定されているので、HPダメージを受けたままクリアしても大丈夫。恩恵3人とかだとちょっとこわいかも。

イミテーションを撃破しよう

ケフカはイミテーション:ケフカ2体とともに出現し、自身のHPが80%・50%・30%未満になると「捨て身の攻撃指示を出した!」で、イミテーションに「トライン+」を使わせてきます(召喚中・バーストモード中は使わない)

「トライン+」は必中の単体HP攻撃で、「暗闇」「HP攻撃沈黙」を付与してくるとともに自身が戦闘不能になる効果があります。

「捨て身の攻撃指示を出した!」はイミテーションがいなければ不発に終わるので、ケフカのHPが発動タイミングを超える前にイミテーション2体を倒しましょう

「捨て身の攻撃指示を出した!」の効果が終わるとすぐに「イミテーション召喚」でまたイミテーションが2体出現するので、これを繰り返していくことになります。

全体HP攻撃やHP攻撃ごとに対象外にもHPダメージが発生するアビリティをもっているキャラクターを編成するといいです。

HP攻撃と厄介な弱体効果が多い

ケフカとイミテーション:ケフカの攻撃は全てHP攻撃が含まれています

特に対策せずに戦うとあっという間にやられてしまうので、HPダメージ軽減や回避、HP攻撃沈黙などの行動不能で防ぎましょう。連続行動や行動順の遅延・消失で行動させないのもあり。

暗闇」「HP攻撃沈黙」と厄介な弱体効果を付与してくるので、HPダメージ軽減で受けるより他の手段の方がおすすめです。

受ける場合は弱体効果の回復や回避がほしいところ。強化効果で枠を埋めるのもいいかも。

その他データ

バトル開始時・ステータスと各BRV軽減効果アップ
・裁きの光
HP80%未満・ステータスアップ
・捨て身の攻撃指示
・イミテーション召喚
HP50%未満・捨て身の攻撃指示
・イミテーション召喚
HP30%未満・捨て身の攻撃指示
・イミテーション召喚
HP10%未満・裁きの光

ふうのクリア方法

ここからは、ふうがクリアしたやり方を紹介します!

編成

編成
© KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
キャラクターコール備考
キアランケイト
ラムザリリゼット
レイラリディア☆7防具
※備考は完全体ではない場合に表記しています

キアランが完凸アルテマウェポン持ってます。

裁きの光」以外は単体攻撃なので、レイラに全部回避してもらいます。カウントはキアランで問題なし。

コールのケイトはイミテーションを倒しきれなかった時に被害を抑えるために、リディアはHP10%未満の「裁きの光」を全員が回避するために編成。

召喚獣はイフリート。

フレンドはラムザでしたが使いませんでした。

バトル

いきなり「裁きの光」をくらいますが、レイラが回避して即座に回復してくれます。

ラムザとキアランはまずLDを使用します。ラムザは「センシュアルダンス【C】」も使用。

レイラはどれでも。イミテーションを先に倒したいので「ライトニングターン」は少なめに。どうせ全体攻撃こないし。

次の行動で、ラムザがBTアビリティを使用。

召喚魔法 リヴァイア【C】」を使っておくと強化効果の数が増えてラムザのバースト効果がアップするのでいいと思います。忘れてました。

キアランはアビリティ使用回数なしで「ホーリラ剣」を使い、その次の行動でBTアビリティを使います。

これでケフカのHPが残り81%になると同時にイミテーション撃破。ギリギリだった。

HP80%未満になり、再びイミテーションが出現するので、全体攻撃で攻めていきます。

時代を穿つ楔」が切れたら、「ビビファインワルツ&ルドラストーム【C】」で再付与しておく。

またけっこうギリギリでイミテーション撃破できました。

HP50%未満になったら、予備に「氷結静止弾【C】」してからキアランがバースト発動!

でも、やっぱり「トライン+」を受けたくないので「ソウルショット++」でイミテーションを攻撃してみたりしましたが、30%下回りました。

バーストモード中は発動しない
© KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

しかし、「捨て身の攻撃指示を出した!」は発動しなかったので、召喚中やバーストモード中は使用しないようです。よかったー。

バースト終了後、無事に最後の「捨て身の攻撃指示を出した!」が発動。そのまま召喚します。

召喚中に、「ブリンク」を付与していないことを思い出し、行動がもったいないけど「レディアントブレス【C】」を使っておきました。

召喚終了後に「裁きの光」がきて、全員回避して撃破!

10ACTIONでしたー!

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • カウント増加条件は5段階以上の強化効果特殊効果を付与していること
  • 吹きとばしとブレイクによる遅延無効
  • バトル開始時とHP10%未満時に「裁きの光」でHPを現在HPの1%にしてくる
  • HP80%・50%・30%未満時にイミテーションが生存していると「トライン+」を使ってくるので、イミテーションを倒しておく
  • HP攻撃が多く、「暗闇」「HP攻撃沈黙」など厄介な弱体効果をもつ

カウント条件見た時は5段階以上の強化効果って少なくないかと思いましたが、実はけっこういたんですねー。

ところで今回、全体HP攻撃が大事だと思うんですけど、恩恵キャラクターのヴァンやレオは単体メインだから微妙なんじゃないだろうか……?

今回の記事は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる