【DFFOO】第3部2章~後編~「仲間を求めて」 ルフェニア

こんにちは、ふうです!

この記事では、第3部2章~後編~「仲間を求めて」のルフェニアの情報をまとめています。

敵は、デュラハン1体です。

ノーザンクロスの行動不可など、見るからにやばそうな雰囲気……。

目次

耐性

属性弱点
吸収
攻撃タイプなし
弱体効果なし
その他・キャラクターのBRV回復効果30%軽減
・受けるBRVダメージ70%軽減
・吹きとばない
・行動順を遅らせられない(ブレイク含む)

特殊カウント

出現条件バトル開始時
HPが50%未満になった時
消滅条件HPが80%未満になった時
増加条件カウント対象が属性ダメージを受けた時7増加(上限20)
減少条件プレイヤーが行動時1減少
カウント対象が行動時2減少

属性が増加条件ですが、1回で7も増加するので、全体エンチャントを使う必要はないです。

属性を使えるのは

  • リディア
  • ファリス
  • モグ
  • リルム(リヴァイアサン装備のスケッチ召喚)
  • ガーネット
  • ラァン&レェン

……だけです。

さらに、ファリスは「流水のまい」、ラァン&レェンはEX「ソニックファング」が近距離物理で、カウンターにひっかかってしまうので無理。

実質、リディア、モグ、ガーネットからしか選べないのか……

要注意ポイント

ぜったいれいど

リキャストアビリティで、戦闘開始直後に最初に使ってきます。

最初に、フレーム付きを含む弱体効果を全て解除されてしまうので、「マヒ」などの行動妨害も消えてしまい、普通に攻撃されることになります!

この攻撃はBRVダメージを軽減、無効化することができないので、ブレイクしないように受けましょう。

また、弱体効果「墓の呪い」も厄介で、行動毎に一定量のHPダメージが発生します。はやめに解除しておきましょう。

実は、リキャストがたまる前に「ノーザンクロス」を使おうとしている状態になった場合、その後リキャストがたまっても、そのまま「ノーザンクロス」を使おうとするのです。

これを利用すると行動妨害でずっと止めちゃえるんだ。「テラー」とか。

ノーザンクロス→ルインホーリー+

残りHPが80%、50%未満になると、自身を強化する「禍々しい力を放っている!」「さらに禍々しい力を放っている!」がくるのですが、それと同時に、「空気が冷たくなっている…」と表示されます。

これが「ノーザンクロス」を使おうとする合図です。

弱体効果が付与されているとHPダメージが大きくなるので、急いで解除しておきましょう。

幸い、このタイミングで敵の行動順が遅れます。

ただ、「ノーザンクロス」のもっとも厄介なところは、フィールド効果「氷結」で行動不能になることです。

「ノーザンクロス」のBRVダメージやHPダメージを回復する暇もないまま、次の行動である「ルインホーリー+」がきてしまいます!

「ルインホーリー+」は強化効果を1つ解除する効果がある全体BRV攻撃+HP攻撃で、行動するたびに行動順が1つ下がる弱体効果「破滅」を付与されます。

「ノーザンクロス」→「ルインホーリー+」の連続攻撃でブレイクされるとかなり危ないです!

BRVをためておきましょう。

HPリジェネ」や「BRVリジェネ」で「氷結」での行動不能時に少しでも回復しておくといいですね。

上の画像は、ふうの1回目の挑戦の時のものなのですが、これで全滅しました……。

カウンター モーニングスター

近距離物理BRV攻撃に対してカウンターが来ます。

編成しないようにしましょう。

弱体効果を解除できるキャラをいれよう

弱体効果を付与する行動が多いです。

  • ぜったいれいど(「墓の呪い」)
  • ルインホーリー、ルインホーリー+(「破滅」)
  • おんしゅう、おんしゅう+(「最大BRVダウン」/「初期BRVダウン」/「」)

墓の呪い」は行動時に一定量のHPダメージを受け、「破滅」は行動するたびに行動順が1つ遅延する厄介な効果なので、弱体効果を解除できるキャラを編成しましょう。

全員の弱体効果を解除できるキャラは……

  • セオドア(LDで4回、自分のみ4回)
  • モグ
  • ユフィ
  • ユウナ
  • パンネロ(LDで4回)

あたりでしょうか。まだいるかな……?

セオドアはEXとBRV攻撃、HP攻撃が、パンネロはBRV攻撃とルンバのHP攻撃が、近距離物理攻撃で、カウンターにひっかかってしまいます。

弱体効果を無効化できるキャラ(レナ、エルドナーシュ)も試してみたのですが、「墓の呪い」と「破滅」が防げません!

どうやら必中のようです。ひどい!

フレーム付きの強化効果で埋める手も使えません。

「ぜったいれいど」と「ルインホーリー+」にはフレーム付きを含む強化効果を1個ずつ解除する効果があり、必ず1枠空いてしまうので……。

その他データ

80%未満・ステータスと各BRV軽減効果アップ
・特殊カウント消滅
・次の行動が「ノーザンクロス」に
50%未満・ステータスと各BRV軽減効果アップ
・特殊カウント出現
・次の行動が「ノーザンクロス」に

ふうのクリア方法

ここからは、ふうがクリアしたやり方を紹介します!

編成

編成
© KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
キャラクターコール備考
ティナエアリス
モグアミダテリオン☆5真化防具
ユウナパンネロ
※備考は完全体ではない場合に表記しています

モグ、もしくはパンネロLDコールで弱体効果を解除し、エルドナーシュの「テラー」で敵の攻撃を封じます。

召喚獣はラムウ。後半攻撃をくらわないので、オーディンあたりの方がいいかも。

フレンドはアミダテリオンでしたが、最後の一押しのみだったので他のキャラでいいです。

バトル

最初に敵が「ぜったいれいど」→「ブリザガ」と使ってきます。

弱体効果「墓の呪い」が付与されますが、モグが攻撃すれば追加攻撃の「エルニーニョ」で解除してくれます。

リキャストが再びたまるか、残りHP80%未満になるまでは、たいした攻撃もこないので、回復はモグの「HPリジェネ」に任せましょう。

それと、1個消された強化効果があるので、再付与しておきます。

エルドナーシュは残りHPが80%を切るまで、「ウラノスカスケード」のみを使い、温存。

ティナはLD「ケイオスウェイブ」を使いすぎると、連続行動のせいでカウントがこわいので、カウントがなくなる、残りHP79%~50%の間に多めに使います。

今回は単体敵なので、連続行動中は「魔導メテオ(詠唱)」を使います。

できれば、リキャストゲージがたまっていない状態で残りHP80%未満にします。

リキャストゲージがたまっていない場合、行動は「ノーザンクロス」→「ルインホーリー+」になるので、ここからエルドナーシュの「テラー」の出番。

まずAアビで与える弱体効果の期間を増やしてから、「フェイズシフト」を使い、付与した「テラーを切らさないように立ちまわります。

残りターンが減ってきたら、LD→消費なしのAアビ→EXの流れです。

ついでに、Aアビの効果中に「オメガジャベリン」を使って、「ワープ」も4ターン付与しておきましょう!

ワープ」の効果の行動時は、HP攻撃で。アビリティが枯渇するので……。

ティナは、カウントが消えているこの期間にLDを使ってがんがん攻撃します。

ただし、「墓の呪い」がない時にLDを使うようにしてください。痛い目を見ます……。

残りHP50%を切ると、「ノーザンクロス」→「ルインホーリー+」のコンボがまたくるわけですが、テラー」があるので関係なし!

行動変わらずそのまま攻めます。

残りHP30%未満になったら、ティナはBTと残ったLDを使い、メテオを降らせまくります。

そして召喚。

召喚発動
© KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

エルドナーシュのアビがもうないのでフレンドのアミダテリオンと交代。

アミダテリオンは「メガフレア」かLDでガンガン行動を消します。

ティナもアビ回数がやばいですが、ぎりぎり勝てるはずです!

必勝法!?

……とここまで書いてきたのですが、耳にしてしまいました。

簡単に倒せてしまうやり方を!

みなさまは気付きましたでしょうか。私は気付きませんでした!

弱体耐性がなし

弱体効果「墓の呪い」の効果は一定量のHPダメージ

……あっ。

敵に弱体効果を押し付ける子がいるじゃないですかー!

ユフィ!

360万のダメージ!
© KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

これはひどい

注意しないと倒されることもあるので必勝ではないですけど、すぐ終わります。

楽に勝ちたいなら、これ一択ですね……。

まとめ

今回のポイントをまとめます。

  • カウント増加条件は属性
  • 近距離物理攻撃厳禁
  • HP80%、50%未満時の「ノーザンクロス」で行動不能になり、敵の連続行動になる
  • 厄介な弱体効果が多い
  • ユフィで「墓の呪い」を返すと楽

カウント対策の属性と、弱体効果の解除でかなりキャラが縛られますね。

ユフィで楽にクリアするのが一番だと思います、はい。

今回の記事は以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる